コタブログ

初めての愛犬Kotaroとの生活ブログです。

~愛犬が体をかく原因について~

f:id:kotaro-dog:20210902010141j:plain

いつも読んでいただきありがとうございます。

東京ではコロナ感染者が減少傾向にある報道がある一方、大阪は感染者数が本日3,000人を超え過去最高を更新しました。また、変異株のミュー株が国内で初めて確認されたとの報道もあり、まだまだ厳しい状況ですが、大切な愛犬(家族)のために感染予防の徹底を心掛けてください。

最近、kotaroがよく体をかいているのを見かけ、普段より痒そうな感じがしてます。愛犬が体をかくのはよく見かけることだと思いますが、いつも以上に体をかいたり、脱毛するまでかいたりするときは、何かの病気のサインの可能性もあり注意が必要です。今回は、愛犬が普段より体をかく原因について紹介します。気になる場合はすぐに獣医師に相談するようにしてください。

 

 

 

◆愛犬がしきりに体をかく原因について

①ノミ・ダニ、蚊などによる虫さされ

愛犬がノミに刺されると、ノミの唾液に対しアレルギー反応を起こし皮膚炎が発症します。首回り、腰、お尻あたりに激しい痒みが発生します。

(治療法)定期的な予防薬の投薬

 

②アレルギー・アトピー

アレルギーやアトピーはご存知の通り、食物や花粉、ハウスダストなどが原因となり痒みが起こります。一般的な症状として、食物は顔、アトピーは耳や肉球、指の間が痒くなることが多く、幼少期の頃から発症します。

(治療法)アレルギー検査でアレルゲンの確認及びフードの変更

 

③換毛期

うまく毛が生え変わらずに、毛玉のようになってしまうことがあります。これによって細菌繁殖が起こり、痒みや違和感からかいたり毛玉を噛んで抜こうとすることがあります。

(治療法)スリッカーブラシによるムダ毛の除去及びシャンプー

 

④外耳炎

外耳炎は細菌やカビが原因となり、再発性も高いことが特徴です。痒みが強く、悪化すると耳の中が腫れたり、赤みを伴って熱を持つこともあります。外耳炎以外で通院した時に、耳の中を見てもらうことで早期発見に繋がります。

※kotaroは毎回、耳の中を診てくれています。

(治療法)耳掃除及び点耳薬。症状によっては注射及び内服薬

 

⑤細菌感染・寄生虫

代表的なものは、ブドウ球菌が原因となる膿皮症です。腹部や背中と体にできやすいのが特徴です。また疥癬(ヒゼンダニによる皮膚感染症)に感染すると強い痒みとなります。

(治療法)駆虫薬の投与

 

⑥自己免疫疾患

自身の体を自身で攻撃してしまう病気です。皮膚に起こる自己免疫疾患には天疱瘡エリテマトーデスが代表的です。顔や体全体に症状が出て、その患部に細菌感染が起こるとかゆみが強くなります。

(天疱瘡)

自己免疫の異常による皮膚疾患のひとつ。表皮にある角質細胞同士の接着分子が免疫異常により攻撃され細胞同士の接着が緩くなり、その隙間に膿胞ができ、破れるとかさぶたになる病気。

(エリテマトーデス)

免疫の異常によって体内組織が自分の体を攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつ。犬のエリテマトーデスには、全身の皮膚及び臓器に症状が出る「全身エリテマトーデス」と鼻・耳・目周辺に症状が出る「円板状エリテマトーデス」の2種類あります。

(治療法)ステロイドや免疫制御剤の投与

 

⑦ストレス

ストレスが直接の原因で痒くなるのではなく、かゆみを悪化させる要因となります。愛犬にストレスが掛かることで自律神経に影響を及ぼし、免疫力が低下してしまいます。

f:id:kotaro-dog:20210902010522j:plain

かゆいところを噛んだことにより、背中が脱毛・・・。

 

 

◆動物病院で診てもらう前の準備

上記のような症状がある場合は、飼い主が自己判断せず、早めに獣医師に診てもらうことをお薦めします。その際に、以下の内容をまとめておくと治療の判断材料に役立ちます。

・いつ頃から症状が出だしたか

・最初に痒がり出したところ、一番痒がっているところ

・ドッグフードのメーカーと種類※

・ノミ、ダニの予防薬の種類と塗布日※

・過去の薬での副作用※

・使用中のシャンプー(トリマーさんに事前確認)

※は掛かりつけの獣医師だと把握されていると思います。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

愛犬がかくことは日常的な行動であり、案外見落としているかもしれません。また、かゆみは怪我や病気と違って飼い主としては安易に見てしまいがちです。私達が体が痒く寝つきが悪かったりすることもありますよね?蚊に噛まれると辛いですよね?愛犬も同じで痒みは辛い症状です。いつもと違ってかく頻度が多かったりしたときは、早めに獣医師に診てもらうようにしましょう。

kotaroの通院結果は、またブログでアップいたします。

 

↓こちらも応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ マルプーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村