コタブログ

初めての愛犬Kotaroとの生活ブログです。

~愛犬に必要な生涯費用について~

f:id:kotaro-dog:20210715001323j:plain

ずっとこんな笑顔でいて欲しいですよね

 

コロナ禍でテレワークが普及し、愛犬を飼う方が増えたと言うニュースをよく目にするようになりました。それに伴い、ペットショップなどでの愛犬の値段も高騰したり、安易に愛犬を迎え入れたため、想像以上にしつけが大変だったり、出費が増えることによって飼育放棄をする悲しいニュースも頻繁に取り上げられた時期がありました。

人の勝手によって愛犬の犬生を大きく狂わすことがあってはなりません。そのために、愛犬を迎え入れる前には、色々と調べてから覚悟を決めて欲しいと思います。

今回は、愛犬の生涯に掛かる費用について紹介しますので、愛犬を迎え入れる参考にしていただければ幸いです。

 

 

◆愛犬に掛かる費用について

①愛犬を迎える初期費用(参考値)

 

仔犬代 ¥250,000~(犬種や個体によって異なります。)

ワクチン接種代 ¥8,000

愛犬登録料 ¥3,000

マイクロチップ登録料 ¥5,000

愛犬用グッズ ¥30,000程度

ペット保険 ¥30,000~(年額)

去勢・避妊手術 ¥25,000

 

愛犬の犬種によって大きく異なってきますが、一般的な犬種の値段のモデルケースだと、初期費用で¥340,000程度必要となります。

去勢・避妊手術は、愛犬の年齢によって異なり、迎え入れた後になる可能性がありますので、参考までの金額となります。

 

②1年間にかかる費用(小型犬の場合)

食費 ¥70,000

おやつ ¥18,000

ペットシーツ ¥12,000

おもちゃ ¥15,000

他消耗品 ¥10,000

トリミング ¥96,000

狂犬病予防接種 ¥3,500

混合ワクチン ¥8,000

フィラリア予防薬 ¥12,000

ノミ・ダニ予防薬 ¥12,000

健康診断費用 ¥10,000

ペットホテル ¥24,000

ペット保険 ¥30,000

 

小型犬の上記モデルケースで約¥320,000、年間必要となってきます。

愛犬の健康管理に必要となる予防接種や薬は必ず必要となり、また、意外と費用が掛かる食費も愛犬の健康面を考慮すると、安全性の高いフードが必要となり費用も高くなります。ペットホテルは飼い主次第となりますが、旅行や外出が多い方はもっと高額となってきます。これに合わせ、しつけ教室などに通わせる場合には、更に費用が掛かってきます。 

 

③愛犬の生涯費用(小型犬の場合)

上記から年間約¥320,000掛かる小型犬は、平均寿命14歳と仮定した場合には、単純計算で¥4,480,000となります。コストダウンできるとなると、トリミングが不要な犬種の場合にはもう少し安くなるでしょう。

インターネットなどで、小型犬の生涯に掛かる費用は平均300万円とありますが、可愛い愛犬のために、健康を考慮したフードやおやつ、トリミングでのオプション、誕生日などの記念日のお祝いの様々なグッズも購入することを考えると、やはり300万円は超える計算となってしまいます。

また、上記の年間費用には愛犬の治療費などが含まれておらず、高齢とともに医療費も必要となった場合には、更に必要となってきます。

 

 

◆節約方法について

①初期に掛かる愛犬グッズ

ケージ、サークル、ベッド、首輪、リード、フードボウルなど、ペットショップで店員さんに教えて貰いながら購入するのが間違いないですが、事前に必要なものを調べて、ネット購入やオークションで購入すると初期費用を抑えられます。

オークションで購入する場合、中古で使用していたものを購入する場合は、他の愛犬のニオイがついていたりするものは避けたほうがいいでしょう。

 

②消耗品のまとめ買い

ペットシーツやウェットティッシュなどは愛犬との生活の中では必需品となります。ペットショップでのセールを活用するや、最近ではどこもポイントカードがあったりしますので、うまく活用して費用を抑える工夫ができます。製品へのこだわりがなければ、コストコでの大量購入もお得で、kotaroも消耗品なんかは購入しております。

 

③健康管理の徹底

医療費を節約するには、日頃からの愛犬とのコミュニケーションで異変に気付くことが重要となります。いち早く異変を察知することで、治療も早く終わり治療費も安くなります。耳掃除、歯磨き、ブラッシング、マッサージなどは、基本、毎日行うようにしてください。

また、健康診断による早期発見も有効です。kotaroは前のブログにも書いてますが、誕生月に誕生日プレゼントのひとつとして健康診断を受けさせています。飼い主が健康診断を行うのと同じで、愛犬も家族の一員のため1年に1回は健康診断を受けるようにしましょう。費用は診断内容にもよりますが、¥8,000~25,000程度となります。

  

④ペット保険加入による医療費削減

愛犬が若い間は、本当にペット保険って必要?保険代が無駄では?と思うこともあるかもしれません。しかし不慮の事故や、予想だにしなかった病を患った場合には想定外の支出が発生することになります。ペット保険に入っていれば、契約内容にもより異なりますが、医療費の50%~80%が補償されますので、一時的な支出は必要となりますが、安心して治療してもらうことが出来ます。

kotaroも両足のパテラ手術を行いましたが、保険により¥50,000程度の自己負担で済むことができました。

 

f:id:kotaro-dog:20210715014128j:plain

パテラ手術にて抜糸後の様子

 

大切なことは、医療費だけは節約してはいけないことです。愛犬用の薬などを安価に抑えるためネット購入して与えたり、明らかに愛犬の様子がおかしいのに、飼い主の判断で経過観察するようなことはあってはなりません、必ず獣医師に見て判断してもらいましょう。

愛犬も家族です、常に正しい判断をするようにしてあげてください。

 

 

今回は、愛犬の生涯に掛かる費用について紹介しました。

今回記載した金額は、一般的な価格と実際にkotaroに掛かっている費用も考慮し算出しているため、実際に掛かる費用と近しい金額になっていると思います。どうしても可愛い愛犬のために、健康面を考えるとフードなどは相場より高くなってしまったり、おもちゃや記念日などのプレゼントも、財布の紐が緩んでしまいますよね。

可愛い愛犬の笑顔を絶やさないためにも、飼い主は色々と頑張らないといけませんね♪

 

 ↓こちらも応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ マルプーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村