コタブログ

初めての愛犬Kotaroとの生活ブログです。

~去勢について~

◆去勢についての考え

去勢はしたほうがいいのか?しないほうがいいのか、悩んだ方も多いと思う。

日本では当たり前のように行われている去勢手術。

術後は「おとなしくなる」、「マーキングしなくなる」、「しないと飼うのが大変」や、前立腺の病気予防などのメリットも大きいが、麻酔リスクや、犬本来の行動がなくなるからしないなど、賛否が分かれます。

 

去勢手術は飼い主の判断。愛犬への気持ちや考え方は様々なので、必ずしも去勢手術をしないといけないということはなく、メリット・デメリットをしっかり考えた上で判断すればいいと思う。

 

kotaroはと言うと、メリット・デメリットを色々調べ悩んだ結果

病気リスクを減らす=長生きしてほしい と言う想いから、去勢手術を行った。

 

性格が変わったかと言うと、大きな変化は見られず、家の中ではマーキングはないが、散歩の時は、いつも決まった場所のみでマーキングを・・・。

マウンティングは、大きめのクッションやkotaro用のベットだけにはお気に入りでついついやってしまうが、私のストレスや問題行動とも思っていない。

 

 

◆去勢手術のメリット・デメリット

私もそうだが、初めて犬を飼った人にとって、術後の行動も初めて目にすることとなるため、メリット・デメリットの違いはすぐに分らないだろう。

去勢手術は、生後6ヵ月~7ヵ月目で行われる事が多く、それまでに特定の問題行動がある犬なら術後の変化が分かると思うが、大半は社会化やワクチンプログラムが終わり、これから行動範囲を広くし、楽しい時期となるタイミングでの手術となるからだ。

そのため、術後の考え方としては、マーキングやマウンティングなどの問題行動がないのは去勢手術したためと思うしかない。しつけでもコントロールできるようだが、他のメリットもあるため、一概に言えないが手術はやって後悔はしていない。

 

・去勢手術のメリット

 〇病気予防(前立腺腫瘍、前立腺拡大、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫など)

 〇満たされない性的欲求からのストレス解放(ストレスが万病の要因)

 〇マウンティング・マーキングの抑制・軽減

 〇性ホルモンの影響による攻撃性の改善

 

 

・デメリット

 〇全身麻酔での体調不良

 〇性ホルモンの分泌バランスの変化により太りやすくなる

 〇繁殖できなくなる。

 〇犬本来の行動でなくなる。

 

 

 ◆去勢の手術当日

やはり不安なのは全身麻酔。恐らく大半の犬が初めて麻酔するのが去勢手術ではないだろうか。

最近では事前に血液検査やエックス線検査を受けるため、そこまで過敏にならなくていいようだが、やはり心配である。

で、追い打ちをかけられるのが、病院からの手術の同意書へのサイン。

kotaroが通っている病院の同意書は、私見であるが、飼い主の不安をあおらないためか、病院側のリスクヘッジとなる内容があまり書かれていない。

通常であれば、想定外の事態の場合は責任を負いかねるとか、病院の逃げ文句が事細かに書かれていて、こちらは納得できないが、手術するために仕方なくサインしていることが多いが、この病院は不慮のトラブルなどの場合、飼い主と連絡が取れない場合は、当院の判断で最善を尽くし処置することの承諾を得る内容がメインとなっている。

こう言ったところも、良い病院の判断材料になるのではないかと感じた。

 

前日の夜9時からの絶食(水のみ)で、当日の午前中の通常診察のタイミングで預け、午後から手術。

※この病院は午前と夕方からが診察、午後の休診時に手術などを行っている。

 

夕方の診察時間に電話連絡があり、迎えに行くと、エリザベスカラーを付けているが、元気なkotaroと対面。

注意点としては、傷口を舐めささない、抜糸が終わるまでトリミングや散歩はささないなど、大きな制限もなし。

 

麻酔をするタイミングなので、先生が歯の状況など、このタイミングで色々と見てくれて問題なかったとのことで一安心。

 

飼い主にとって、恐らく初めての手術となる去勢手術。

不安も多いが、やってよかったや、やらなかったほうがよかったなど、考えは様々である。ネットでも、やる・やらないなどの意見も多く出ているのを参考してもらい、ベストで後悔しない選択をしてほしい。

 

飼い主のためでなく愛犬のために。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村