コタブログ

初めての愛犬Kotaroとの生活ブログです。

~飼い主の資格~

◆犬を飼うこと

前にも書いたが、犬を飼うということで様々な制限が伴ってくる。飼う前は『可愛い』『癒される』やTVで見るような楽しい世界が待っていると迎え入れたが、その気持ち以上に手間が掛かったり、自由だった時間がなくなったり、予想以上に支出が増えたりや、最近よく目にするコロナウィルス感染拡大により在宅が増え、癒されると思って迎え入れたが、想像と違って飼育放棄する人が多いとのニュースもある。

 

私もkotaroを迎え入れた時、可愛く楽しいことが多かったが、やはり一番大変だったのがしつけで、相当悩んだ時もあった。心折れそうになったが家族だからしっかり向き合い、しつけの方法を調べたり、ドッグスクールに通わせたりした。

 

そこで分かったことは

『犬へ学習させるのではなく、人間が勉強すること』

 

トイレを失敗する、吠える、噛むなど、当然、叱ることは必要だがどうやれば失敗しないのかをしっかり考える必要がある。

犬は楽しいことを学び・学習する動物であることから、この行動は飼い主に褒められて良いこと(おやつが貰えるなど)があるとしつけていけば、時間が経てばしっかり覚えてくれている。

 

犬の行動や犬の問題行動も個性と捉え、今でもイラっとすることもあるが、それ以上の存在になった。飼い主がいないと生きられないことを忘れず、飼う前には、安易な考えでは迎え入れず、しっかり考え、覚悟を持って迎え入れてほしい。

飼育放棄され、悲しい犬生となる動物が増えないためにも・・・。

 

 

◆犬に関わる法律

犬を迎え入れてからは、飼い主には様々な責任が伴うこととなる。

飼い主の責務として、次のことを守るように努めるものとなっている。

 

 

動物の愛護及び管理に関する法律

 

基本原則:動物を「命あるもの」と認識し、みだりに殺し、傷つけ、苦しめないこと。

 

健康等の確保:動物の種類、習性等に応じて適正に飼育保護し、動物の健康及び安全を確保すること。

 

危害や迷惑等の防止:動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ。又は人に迷惑を及ぼすことのないようにすること。

 

逸走防止:動物の逸走を防止するために必要な措置を講じること。

 

終生飼養動物がその命を終えるまで適切に飼養すること。

 

共通感染予防:動物に起因する感染症について正しい知識を持ち、予防に必要な注意を払うこと。

 

繁殖制限:みだりな繁殖により適正飼養が困難にならないように、必要に応じて不妊去勢手術等を行うこと。

 

所有者の明示:動物の所有者を明らかにするため、マイクロチップ等による個体識別措置をすること。

 

罰則:愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者、虐待を行った者や、遺棄した者には罰則がある。

 

 

狂犬病予防法)

 

登録:生後91日以上の犬を飼い始めたら、30日以内に犬の登録をし、犬の鑑札の交付を受けること。

 

予防接種:生後91日以上の犬には、毎年1回、狂犬病の予防注射を受けさせ、注射済票の交付を受けること。

 

装着:鑑札と注射済票は、必ず犬に着けておくこと。

 

届け:犬が死亡したときや犬の所在地、所有者の住所などの登録内容を変更したときは、30日以内に届出をだすこと。

 

 

簡単に飼い主に係る法律等を記載したが、どれも当たり前のことである。

犬を迎え入れた時から、命を預かること含めて様々な責任が伴うこととなり、知らないでは済まされない。

 

 

 

 

とある雑誌の他の飼い主を見て「犬を飼う資格ナシと思ったことがある」アンケートで

飼い主400人中の約70%の割合で、あると回答していた。

 

主な回答として

・犬の健康状態がよくないのに治療していない。

・予防接種やワクチンをしてない

・散歩しない、散歩中にスマホしか見ていない

・清潔でない、太らせすぎ

・犬を飼う環境が悪い(室外飼育等)

 

などなど。

 

飼い主の資格とは、上記のように飼い主(人)のマナーや行動も当然であるが、それらを踏まえ、責任を持って最期まで飼う覚悟ではないだろうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村